なたまめ歯磨きの効果検証

なたまめ歯磨きの口臭への効果を機器を用いて数値化し、客観的に評価しました。
MENU

なたまめ歯磨きの口臭への効果をタニタブレスチェッカーで検証

 

マイケアのなたまめ歯磨きの口臭への効果を
ここではタニタブレスチェッカーを用いて数値として測定するという
客観的な方法で検証しました。

 

実際に私自身が被験者となり、なたまめ歯磨きを使った後に検証を行いました。
検証を行う上での注意事項等は下記になります。

 

検証条件

 

◎検証時間最大5h
◎検証開始のタイミングは起床時とします。

起床時は口内の唾液の分泌が少なく、必然的に口臭が強くなるため、
結果に有意差がでやすいと判断しました。

◎検証中の期間は食事は控える。
◎検証の前日に飲酒や臭うもの(キムチや納豆など)の摂取は控える。
◎市販の安い歯磨き粉との比較をするため、 
 それぞれ別日に検証を行いました。

 

検証方法

 

なたまめ歯磨きで約3分間歯を磨いた後、経時での口臭の変化を
タニタブレスチェッカー(HC-212S)を用いて測定しました。

0〜5の6段階で口臭の強さを判定
0:口臭なし 1:弱い口臭 2:口臭あり 3:強い口臭が稀にある 4:強い口臭 5:非常い強い口臭

 

 

以上のような条件と方法に従い検証を行った結果を下記に示します。

 

検証結果

 

 

歯を磨いた直後(1hくらいまで)は、市販の歯磨きとなたまめ歯磨きで
あまり差は見られませんでしたが、
時間が経つごとになたまめ歯磨きを使った時の方が
口臭の抑制効果が持続しているのがわかりました。

 

歯磨き直後に普通の歯磨き粉となたまめ歯磨きで大きな差はなく、
口臭自体は軽減されるのですが、
時間の経過とともに差が出始め、
普通の歯磨き粉では徐々に口臭が戻り始めました。

 

一方でなたまめ歯磨きを使った場合には、
口臭抑制の効果が持続的に見られ、5h後でも強い口臭はありませんでした。

 

以上の結果からなたまめ歯磨きは通常の歯磨き粉と比べると
高い口臭抑制効果が期待できることがわかりました(^^)

 

⇒なたまめ歯磨きの口臭への効果検証レポート(まとめ)

 

 

このページの先頭へ
通貨名通貨記号一覧